基本情報

留学先国   モンゴル
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 モンゴル国立大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 言語文化学部
地域 中央アジア
地域言語・専攻語 モンゴル語
留学時の学年 1
プログラム名 summer program
留学期間(開始) 2015-08-03
留学期間(終了) 2015-08-16
この留学にかかった費用の合計 約27万円

留学前

留学の目的 語学力の向上、モンゴル文化に直に触れること
必要な語学力
英語TOEFL 受験しませんでした。
英語その他
その他言語 モンゴル語
  特になし
情報収集方法
先生
HP
留学支援共同利用センター
その他
参考になるHP 外務省HP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 5月
協定校への申込み方法 メール
ビザ申請を始めた時期
ビザ申請方法 二週間の滞在だったのでビザを申請しませんでした。
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 旅券会社へ電話予約
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 予防接種を受けませんでした。
語学強化を始めた時期 6月
語学強化方法 教科書の復習
海外旅行保険に加入した時期 6月
加入した海外旅行保険会社名 東京海上日動火災保険株式会社
その他特記事項1
その他特記事項内容1
その他特記事項2
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 座学…発音・文法・会話
見学…美術館・博物館鑑賞、寺院見学、遊牧民訪問、乗馬体験、移動式住居ゲルに宿泊など
感想 座学は二人の先生に教わりました。一方の先生には、基本的な発音・文法規則を英語と簡単なモンゴル語で教わりました。もう一方の先生はほぼモンゴル語で授業を進めており、実践的なモンゴル語が習得できました。授業はとても面白く、日本では知ることのできなかった会話表現などを身につけることができました。
見学では、直にモンゴルの美術や遊牧民の生活を覗くことができ、とても興味深かったです。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 留学費用に含まれていました。
支払い方法 留学費用といっしょに支払いました。
部屋人数(人部屋) 2
家族・同居人(人) 2
門限 あり
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント 味は良かったが、量がとても多いと感じた。完食は難しかった。
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 食事をする場所や量でよくハエを見かけた。水道水が少し鉄の匂いがした。
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 10分
宿舎手配方法 大学側が手配してくれていました。
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
その他の近隣施設 レストラン、食堂、カラオケパブ
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バルコニー(部屋)
洗面台(共有)
無線インターネット(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 部屋自体は居心地が良かったです。ドアと窓の閉まりが少し悪いと感じました。コンセントは使用することはできましたが、こわれてが壁から外れていました。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 車の運転が荒い人が多いため、道路を渡るときに十分に注意してわたる。デパートや市場、観光地など人が集まる場所にはスリがいるので、荷物をしっかり抱え周りに注意しながら行動する。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 工事中だったため、一部建て替え中だったりペンキの匂いがしました。
食堂についての評価
食堂についてのコメント 寮母さんが毎朝朝食を作ってくださりました。美味しかったです。
図書館についての評価
図書館についてのコメント 利用しませんでした。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント Wi-Fiが使用中に頻繁に外れました。最後の二日間は故障でWi-Fiが利用できませんでした。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 生活必需品は全て揃いました。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 担当の教授方はみんな優しく頼りになりました。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント フィットネスルームがありましたが利用しませんでした。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 学生寮の部屋で休憩したり、授業の復習をしていました。
時間に余裕があれば、みんなで部屋に集まり遊んだりして楽しく過ごしていました。
Weekend(休日の過ごし方) 休日はサマープログラムの一環で、キャンプに出かけました。
おすすめスポット・旅行先など テレルジがおすすめです。ウランバートルから半日以内で行ける位置にあり、ツーリストキャンプではゲルに泊まることができました。空気がきれいで、夜は天の川が見えるほど星をたくさん見ることができました。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 語学力の向上
自己評価1
課題2 民族衣装・楽器の鑑賞
自己評価2
課題3 モンゴルの知り合いをつくる
自己評価3
今後の課題
語学力の更なる向上を目指したいと思います。民族衣装や遊牧民の生活についても、もっと詳しく勉強したいです。
日本で準備すべきだったと感じたこと
単語暗記。分からない単語が多すぎて、何を言われているのかわからない場面が多かったため。
直面した問題
覚えている単語の量が少なすぎて、先生の話す連絡事項が半分くらいしかわからなかった。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
どちらでもない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
短い期間でその国の言語や文化に直に触れることができるチャンスです。机の勉強だけでは絶対に感じることのできないことがたくさんあったので、もし少しでも行きたいなと考えているのであればショートビジット留学をおすすめします。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.