基本情報

留学先国   ス イ ス
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 ジュネーヴ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 言語文化学部
地域 西南ヨーロッパ第1地域
地域言語・専攻語 フランス語
留学時の学年 2
プログラム名 フランス語3週間
留学期間(開始) 2015-07-13
留学期間(終了) 2015-07-31
この留学にかかった費用の合計 約50万円

留学前

留学の目的 ・フランス語圏の文化についての理解を深めるため
・フランス語の会話力の強化
・生きたフランス語力を身に着けるため
必要な語学力
英語TOEFL なし
英語その他
その他言語 A0-C レベル別なので特になし
 
情報収集方法
HP
その他
参考になるHP ジュネーブ大学HP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 5月
協定校への申込み方法 大学のホームページ
ビザ申請を始めた時期
ビザ申請方法 不要です
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 インターネットで予約
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 不要です
語学強化を始めた時期
語学強化方法 普段の授業以外特に勉強しませんでした
海外旅行保険に加入した時期 7月
加入した海外旅行保険会社名 学校のプログラムに従う
その他特記事項1
その他特記事項内容1
その他特記事項2
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 午前中はテストの点ごとに振り分けられたクラス(15人程度)で文法、ディベート、会話表現演習など
午後は選択授業。レベル別に文法、口語表現演習、作文、ラボでの発音矯正など。
感想 クラス分けテストが筆記だけだったため、実際のレベルより高めのクラスになりました。クラスで一番会話力がなかったのでそれなりに大変でした。毎日ディベートをしていたのですが、とても積極的な人が多く発言するタイミングがなかなか無かったです。また私のクラスは20代前半が多かったのですが、クラスによっては子持ちのアラサーが多いところもあったようです。ジュネーブ在住、ドイツ語圏スイスの生徒が割と多かったように思います。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 700CHF/3週間
支払い方法 宿泊施設込みのプランがあります(コース料と同じときにネットバンキング等で払います)
部屋人数(人部屋) 1
家族・同居人(人) 0
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント ピザなどを売っているレストランがついていました
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 共同のキッチン等はあまり綺麗ではなかったです
大学までの通学手段 バス
大学までの通学時間 バスで15分程度~(校舎による。私が授業を受けていた校舎までは30分程度でした)
宿舎手配方法 宿泊施設込みのプランがあります
居住場所の近隣にあった施設 スーパー
薬局
その他の近隣施設 どこへ行くにもバスで10~15分程度でした
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
本棚(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
無線インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 部屋はそこそこ広いですがとても質素です。廊下や共同のキッチンは閉塞感がありました。レセプションはよかったです。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 基本的に治安は良いですが、たまに変な人がいるので油断は禁物です。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント キャンパスが離れているため移動が大変でした。自由な雰囲気でした。
食堂についての評価
食堂についてのコメント 安くはないです
図書館についての評価
図書館についてのコメント 利用していません
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 校舎に入る度にログインが必要でした
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 利用していません
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 営業時間が短いのが難点でした
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント ありますが利用しませんでした
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 街中を散策/観光、部屋でゆっくり、ジュネーブ祭(fête de Genève)へ行く、日替わりで開催されるマルシェや蚤の市を覗く
Weekend(休日の過ごし方) 遠出はしませんでした。旧市街巡り、博物館、ニヨンの蚤の市へ行くなど。
おすすめスポット・旅行先など Jardin botanique(植物園)
蚤の市
Fête de Genève(7月半ば〜8月はじめ)-湖畔で毎日様々なイベントが行われていました。本格的なアトラクションや屋台もあり連日賑わっていました。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 使えるフランス語を身につける
自己評価1
課題2 自律する
自己評価2
課題3 異文化体験
自己評価3
今後の課題
自分の意見を直ぐに言えるようにする
辞書に頼り過ぎない
日本で準備すべきだったと感じたこと
辞書なしで物事を説明する努力をしておくべきだと思いました。また身の回りの物をフランス語で表現できるよう普段から意識して単語力をつけるべきだと感じました。
直面した問題
周りと比べ語彙力/会話力がなかったので話すのがメインの演習では話について行くのに精一杯でした。文化的差異もあるとは思いますが、日々繰り広げられていた白熱した議論になかなか加われませんでした。授業時間外もフランス語で会話をすることが多かったです。また非ネイティブのフランス語を聞く機会が今迄なかったので、一部のクラスメイトの話を聞き取るのが難しかったです。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
 授業で議論したり会話したりする機会があれば、それを最大限に活用して話す力を伸ばすべきだと思いました。日本で教育を受けているとなかなか自分の意見を辞書や準備なしに発信する機会はないかもしれませんが、授業ではその力が求められます。
 また間違いを怖れないことも大切です。他の学生は少しでも疑問に感じることがあればすぐに先生に質問していました。
 他の人と答えが違っていても自分が正しいと主張できる位の気概があればどこでもやっていけると思います。
 ショートビジットは期間が短く参加しやすいと思うのでぜひチャレンジしてみて下さい!
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.