基本情報

留学先国   ス イ ス
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 ジュネーヴ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 3
所属学部 言語文化学部
地域 西南ヨーロッパ第1地域
地域言語・専攻語 フランス語
留学時の学年 3
プログラム名 フランス語3週間 (cours d'ete de francais)
留学期間(開始) 2015-07-13
留学期間(終了) 2015-07-31
この留学にかかった費用の合計 50万

留学前

留学の目的 フランス語の向上
他の学生や現地の人との交流
必要な語学力
英語TOEFL 特に必要ないです
英語その他
その他言語
  特に必要ないです
情報収集方法
HP
留学支援共同利用センター
その他
参考になるHP ジュネーブ大学のHP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 5月
協定校への申込み方法 大学のHP
ビザ申請を始めた時期
ビザ申請方法 ビザは必要ないです
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 ANAのHP
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 特に必要ないです
語学強化を始めた時期 4月
語学強化方法 これまでの学習内容の復習
海外旅行保険に加入した時期 6月
加入した海外旅行保険会社名 学研災付帯海外保険
その他特記事項1
その他特記事項内容1
その他特記事項2
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 午前中は参加必須の少人数での語学の授業、午後には自由参加の授業があり自分の興味のあるものを選択できた。
感想 最初は周りの学生のレベルの高さになかなかついていけず苦労したが授業内で様々な活動を通じてフランス語を学ぶことができた。
ただ午後の文法などの授業はすでに習ったことばかりで少し退屈だった。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 授業料とあわせて1500chf
支払い方法 銀行からの海外送金
部屋人数(人部屋) 1人
家族・同居人(人) 0
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント 寮内にレストランはあったが高いのであまり利用しなかった。買ってくるかキッチンで自炊。
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 衛生環境は全体的によかった。
大学までの通学手段 バス
大学までの通学時間 バスで15分くらい
宿舎手配方法 大学のHPで申し込み
居住場所の近隣にあった施設 銀行
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
無線インターネット(部屋)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 広さや清潔さなど特に問題なく快適に過ごせた。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 警戒はしていたものの寮や大学周辺の治安は良く、毎日安心して過ごせた。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 特に不満はなかった。
食堂についての評価
食堂についてのコメント クレジットカードが使えないのが不便だった。
図書館についての評価
図書館についてのコメント 利用していません
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 特に問題なく使えた。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 利用していません
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 事務の方がとても親切だった。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 利用していません
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 午後の授業やオプショナルツアーに参加した。
Weekend(休日の過ごし方) ジュネーブ周辺や近郊の都市を観光した。
おすすめスポット・旅行先など ニヨンやイヴォワールなどレマン湖沿岸の都市がとても綺麗でした。ジュネーブからのアクセスも良いのでオススメです。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 フランス語の向上
自己評価1
課題2 他の学生との交流
自己評価2
課題3 現地の人との交流
自己評価3
今後の課題
やはり自分のフランス語力はまだまだだと実感したので今後も学習を継続していく。
日本で準備すべきだったと感じたこと
他の国の学生はほとんどの人がふつうにフランス語を話せたので、話す能力をもっと伸ばしておくべきだった。
直面した問題
同じクラスの学生との能力の差。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
全く興味がない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
実際にフランス語圏に行くことは自分の語学力を試すのにとてもいい機会だと思います。ぜひ参加してみてください。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.