基本情報

留学先国   ス イ ス
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 ジュネーヴ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 4
所属学部 国際社会学部
地域 アフリカ
地域言語・専攻語 英語
留学時の学年 4
プログラム名 cours d'ete de francais
留学期間(開始) 2015-08-03
留学期間(終了) 2015-08-21
この留学にかかった費用の合計 約50万円

留学前

留学の目的 大学で始めたフランス語のスキルアップのため。
必要な語学力
英語TOEFL なし
英語その他 なし
その他言語 なし
  なし
情報収集方法
友人
HP
その他
参考になるHP 特になし。
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 4月
協定校への申込み方法 インターネットで申し込みました。
ビザ申請を始めた時期
ビザ申請方法 必要なし
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 インターネットでチケットを買いました。
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 必要なし
語学強化を始めた時期 5月
語学強化方法 NHKのテキストなどを使い勉強しました。
海外旅行保険に加入した時期 5月
加入した海外旅行保険会社名 外大で義務付けられたもの
その他特記事項1
その他特記事項内容1
その他特記事項2
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 午前中は、初日のテスト結果で決められたクラスで、文法を勉強を主に行いました。午後は、発音や文法、ライティング、スピーキングのクラスを自由に選択し受講するという形式でした。
感想 わたしは初日のテストで中級レベルのものを受けたため、中級のクラスに配属になり、先生のフランス語のスピードについていけなかったり、うまく発言できず大変でしたが、多くのことを学べました。
午前中は文法が中心でしたが、スピーキングの練習をもっとできる内容だとさらに良かったです。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 一泊CHF40
支払い方法 銀行振り込み
部屋人数(人部屋) 1人
家族・同居人(人) 0人
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント 食事は出ないので、インスタントフードを持って行きました。
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント いつもきれいでした。
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 10分
宿舎手配方法 インターネットを通じメールで申し込み
居住場所の近隣にあった施設 銀行
スーパー
薬局
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バルコニー(部屋)
洗面台(部屋)
有線インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 大学にとても近く便利でした。一人部屋にベッド、机、クローゼット、シンクが備えられており、快適でした。キッチンは汚い時もありましたが、建物全体やバス・トイレはいつもとてもきれいでした。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 気をつけて過ごしていましたが、治安について不安を感じることはありませんでした。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント きれいですが、冷房がなく暑かったです。
食堂についての評価
食堂についてのコメント 値段は日本と比較すると高いです。
図書館についての評価
図書館についてのコメント 利用していません。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント はじめに登録をすれば、学内でいつでもつながり便利でした。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 利用していません。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 相談すると丁寧に対応してくださいました。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 利用していません。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 宿題や勉強をする
買い物をする
町を散歩する
Weekend(休日の過ごし方) 日帰り旅行
美術館や博物館へ行く
ゆっくり休む
おすすめスポット・旅行先など レマン湖の周辺にすてきな場所がたくさんあります。
また、地元のスーパーマーケットを見るのが楽しかったです。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 フランス語のスキルアップ
自己評価1
課題2 現地での人との交流
自己評価2
課題3 国際機関や美術館を訪れる
自己評価3
今後の課題
プログラムに参加し、自分の課題がよくわかりました。わたしには特にフランス語のリスニングが難しかったので、リスニングが向上するように勉強を続けたいです。また、語彙力の増強が必要と感じました。
日本で準備すべきだったと感じたこと
特になし。
直面した問題
特になし。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
どちらでもない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
わたしにとってジュネーブは、勉強・観光・居住のすべてにおいて、とても良い場所でした。国際機関でインターンシップをする学生や大学院で学ぶ学生等との出会いがあり、とても良い刺激を受けられると思います。他国の学生と交流するときや、町での買い物や旅行では英語も使用されるので、英語も使えると便利だと思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.