基本情報

留学先国   ロ シ ア
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 極東連邦大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 国際社会学部
地域 ロシア
地域言語・専攻語 ロシア語
留学時の学年 2
プログラム名 Russia's domestic and foreign policy with a focus on the Northeast Asia
留学期間(開始) 2015-08-10
留学期間(終了) 2015-08-28
この留学にかかった費用の合計 20-30万円程度 (学費・寮費 €595、ハバロフスク観光 10,000ルーブル、他に航空券や生活費など)

留学前

留学の目的 ロシアの外交政策についての知識を深めるとともに生活を通じてロシア文化への理解を理解を深める。
必要な語学力
英語TOEFL 特に求められず
英語その他 国際政治の授業を理解できる程度の英語能力が必要
その他言語 ロシア語はレベルに応じた授業が行われるため、未学習者でも可
   
情報収集方法
HP
その他
参考になるHP http://fefu-kikou.com/ 新潟県内の大学・専門学校の極東連邦大学サマープログラムへの参加を支援する「新潟県・極東連邦総合大学 留学生支援機構」のホームページ。大学側から知らされていない情報が載っていることも。
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 5月
協定校への申込み方法 メール
ビザ申請を始めた時期 8月
ビザ申請方法 渡航前に必要書類を用意して大使館へ自分で申請
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 旅行代理店
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 特に受けず
語学強化を始めた時期 7月
語学強化方法 夏休みに入ってから自分で教科書などを使用
海外旅行保険に加入した時期 7月
加入した海外旅行保険会社名 学研災
その他特記事項1
その他特記事項内容1
その他特記事項2
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 Practical Russian Speaking : 初日のレベル分けテストに応じてクラスが編成される会話がメインの授業。ロシア語・ロシア文化プログラム(Russian language and culture)と共通の授業。

Russia's policy in East Asia : ロシアと東アジア各国との外交関係およびその歴史について学ぶ。

International politics in Northeast Asia : 北東アジア各国の国際関係について学ぶ。

The Six Party Talks Simulation : 最終週に実施。学生が日、米、韓、朝、露、中の6つのグループに分かれ、模擬六カ国協議を行う。去年まではAPECで使用した会議室で行っていたようだが、今年は9月の頭にこの大学で行われる「東ロシア経済フォーラム」の会場設営及び警備上の問題のため使用できず普通の教室で行った。来年どうなるかは不明。

観光等 : 放課後に市内観光などが設定されていることがある。

※Russia's policy on East Asia, International politics in Northeast Asia, The six party talks simulation以外についてはロシア語・ロシア文化プログラムと共通。
感想 毎日2-3の授業(ロシア語 1+政治 1~2)があり、それに加えて観光なども組まれているため、密度の濃い3週間であった。

2015年度の政治プログラムには主にドイツ人と日本人(新潟大、金沢大等)がおよそ半々で、あと1人韓国人学生が参加していた。ドイツ人学生らは授業で積極的に発言していて、日本人学生との差を感じた。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 不明 (授業料などと合わせ、€595を現金払い)
支払い方法 授業料と合わせて現地で現金(ユーロ)払い
部屋人数(人部屋) 2
家族・同居人(人) 1
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント 学内にあるカフェや食堂で食べたり、売店で購入する。食堂の料金は日本より安い。ウラジオストクの市街地まで行き、食べることも可。
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 窓に網戸がなく、開けていると虫が入ってくることも。害虫も存在する。
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 5分
宿舎手配方法 大学側が手配
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
銀行
スーパー
郵便局
その他の近隣施設 A棟にズベルバンクの支店があり、両替も可能(土日は営業せず)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バスタブ(部屋)
洗面台(部屋)
無線インターネット(部屋)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備 飲料・菓子などの自販機とズベルバンクのATM(共にロビー)、売店(2F)
居住環境の感想 寮によって設備は異なる可能性がある。2015年度にサマースクール参加者は全員ルースキー島の新キャンパスにある9番の寮に宿泊した。

冷房設備がないため、暑い時や換気する際は窓を開ける必要がある。但し窓には網戸がなく、開けていると虫が侵入してくることも。部屋によって異なるが、家具などは概ね綺麗。ただ日本の感覚からすれば築3年とは思えないような所があったりする。

水道水は飲用不可で鉄臭い。お湯は常時出る。水は透明で基本的に水量も問題ないが、稀に短時間あまり水が出なかったり、水が茶色くなることもあった。

無料で使用できる洗濯機もあるが寮(3-7Fが居住区)に4台しかなく、使いたいときに空いていないこともある。また乾燥機はないので洗濯物は部屋干し。

キッチンが居住区の各階に存在。中にはコンロと電子レンジがある。調理器具などの備え付けはない。お湯を沸かす電気ポットも寮から貸してもらえるが、2015年度はサマースクール参加者全員に対し3つのみで、使用する際は誰かに借りに行く必要があった。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 大学構内の寮や講義棟の入口には多くの場合警備員が配置されている。そのため建物の外に出る際には必ず到着時に渡されるネームカードを携帯しなければならない。

ウラジオストク市内ではスリなどに注意する必要があるが、日中の治安は悪くはない。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント ルースキー島の新キャンパスは2012年のAPECのために建設されたので新しいが、雨の日に雨漏りする箇所もあるなど多少ボロが出ている。
食堂についての評価
食堂についてのコメント 大学構内の様々な建物に食堂(столовая)やカフェ(кафе)があるので、色んな所に行ってみると良い。クレジットカードが使用可能(Visaは使用可能、Amexは使用不可であった。JCBやMasterCardは不明)
図書館についての評価
図書館についてのコメント 使用せず。ルースキー島新キャンパスに移転済みかどうかは不明。市内の旧キャンパスにまだある可能性も。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 基本的に大学の講義棟や寮では常時Wi-Fiに接続できる。速度も悪くない。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 寮の2階に小さな売店があり、飲料・食料などを販売している。営業時間が存在したが、たまに営業時間内でも閉まることがあるので注意が必要。大学構内では他に8番の寮にも売店がある。こちらは9番の寮の売店よりは多少大きく、夜遅く(11時)まで営業していた。売店では基本的にクレジットカードが使用可能(Visaは使用可能、Amexは使用不可であった。JCBやMasterCardは不明)
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 英語や日本語などを話せるロシア人ボランティアの方がサポートしてくださる。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 様々なスポーツ施設が利用できたようだが、使わなかったので詳細は不明
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 市内観光やロシア文化体験(マトリョーシカの色付け、ペリメニ調理など)などがある日が多く、それらに参加していた。何もない日は政治の授業の資料を読んだり、バスで市内に出たり(運賃19ルーブル、所要時間30分程度)した。
Weekend(休日の過ごし方) 市内観光やシベリア鉄道を利用してのハバロフスク観光(10,000ルーブル別途必要、参加しなかった人はウスリースク観光に行っていた模様)が行われたのでこれに参加した。何もない日はもちろん市内に行くこともできるが、疲れを取るために寝ていた。
おすすめスポット・旅行先など ・Clover House : 市内にあるショッピングセンター。地下にあるスーパーは果物やお菓子、食品・飲料のお土産を購入するのに便利。

・鷲ノ巣展望台 : 港を見下ろせる展望台。ここにあるお土産屋は手頃なものが多く、オススメ(但し土産物店間の競争が発生しているハバロフスクなどより値段が少々高め)。食品の取り扱いはない。

・チョコレート会社«Приморский кондитер»の直営店 : 主にチョコレートの量り売りを行っている。袋詰のチョコを買うより安くオススメ。Ул. Алеутская沿いにある。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 ロシアの外交政策についての理解
自己評価1
課題2 ロシア語の習得
自己評価2
課題3 ロシア文化の理解
自己評価3
今後の課題
・ロシアの外交政策についてのより深い知識の獲得
・ロシア語の語彙力向上
日本で準備すべきだったと感じたこと
・六カ国協議についての学習
・ロシア語の単語
直面した問題
・ロシア語の運用能力
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
どちらでもない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
ビザ申請のために必要な招待状が直前まで来ないこともあるので注意が必要(僕は8/9出国でしたが、8/1に招待状が届きました)です。

モスクワ大などに行くより近く、安いことが魅力の一つといえるでしょう。貴重な経験ができます。

8月のウラジオストクの最高気温は晴れているなど高い時は30℃程度、雨が降っている時などは20℃未満など服装は暑さにも寒さにも対応できるものをオススメします。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.