基本情報

留学先国   カ ナ ダ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 レジャイナ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 言語文化学部
地域 東アジア
地域言語・専攻語 中国語
留学時の学年 2
プログラム名 University of Regina ESL Intensive Program - Short Term
留学期間(開始) 2015-08-04
留学期間(終了) 2015-08-28
この留学にかかった費用の合計 約50万

留学前

留学の目的 語学力の向上・文化体験
必要な語学力
英語TOEFL なし
英語その他 なし
その他言語 なし
  なし
情報収集方法
友人
先生
HP
留学支援共同利用センター
その他
参考になるHP http://www.55a.info/contents/luggage.html
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 7月
協定校への申込み方法 学校で一括
ビザ申請を始めた時期
ビザ申請方法 なし
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 HPから購入(エア・カナダ)
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 なし
語学強化を始めた時期
語学強化方法 リスニング
海外旅行保険に加入した時期 7月
加入した海外旅行保険会社名 学研災付帯海外留学保険
その他特記事項1
その他特記事項内容1
その他特記事項2
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 最初の一週間は授業としてレジャイナ観光or課外活動

その後はクラス(クラス分けテストあり)でカナダ、レジャイナ、サスカチュワン州を知るための活動・調べなど。教科書学習やディクテーションなども行う。

クラス分けテスト・中間テスト・期末テスト・最終テスト(クラス分けテストと同じ問題)あり
最後にプレゼンもあり

※宿題も毎日あり
感想 カナダ(レジャイナなど)について知ることができた。
語彙学習・ディクテーションなどの練習は授業でできたのでよかった。日本人しかいないので授業中や休憩中も日本語を使うことが多かった。ずっと英語を使っている子もいたので自分もそうすべきだったと思った。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
ホームステイ
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 ※学費に含まれる
支払い方法 クレジットカード
部屋人数(人部屋) 一人
家族・同居人(人) 4,5人
門限 なし
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント じゃがいも・肉などがメイン。かなりおいしいが日本食なし
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 問題なし(ただし洗い物は適当)
大学までの通学手段 バス
大学までの通学時間 約40分
宿舎手配方法 どこのホストファミリーか連絡がきた
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
銀行
スーパー
薬局
その他の近隣施設 映画館、ファストフード店
住居にあった設備 机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バスタブ(共有)
バルコニー(共有)
洗面台(共有)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 地下室
居住環境の感想 とてもよかった
地下室もあったりと家はかなり広い。
留学生は一人一部屋与えられた。自分の部屋は常にきれいにしておくべし。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 日が暮れるのは9時すぎてからだが、ダウンタウンでも7,8時には人があまりいない。夜に一人で出歩かないほうがいい。
治安はかなり良いと思う。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 大学が大きく、教室まで遠い。。
食堂についての評価
食堂についてのコメント あまり種類はない。ハンバーガーとかピザ。ティムホートンいこう
図書館についての評価
図書館についてのコメント 使う機会ない
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント Wifi使える。電話はきつい
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 割引券(15%)もらえる。種類豊富。レジャイナパーカー買おう
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 特になし
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 使ってない。使えない
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 夕食が6時あたりとかなり早め。その後は自由時間なので宿題したりホストファミリーとしゃべったり映画見たり。
授業朝8時半~15時半(休憩あり)
朝はやいので夜更かしキケン
※授業内容、プログラム内容は毎年若干の変更アリ
Weekend(休日の過ごし方) 土曜日は授業として博物館など見回り。ただし自由参加。
キャンプ行くホストファミリーは多い。
日曜はホストファミリーとピクニックいったり釣りしたりポットラックパーティやるところも。
日本では体験できないこともできる
行きたくなかったり他に用事があればホストファミリーに行かんゆえば大丈夫
おすすめスポット・旅行先など 観光地は・・・あまりない・・・無い
レジャイナ博物館、RCMP、ワスカナパーク、議事堂などなど
これらは授業で行ったりする。
バスはタダで乗り放題なんで便利

ダウンタウンに色々お店あるので行くべし。お土産屋はない。閉まるのはやいので要注意

日本食(お寿司)屋の'Enso’というとこ行ってみよう高いけど・(ガイドブックとかの道Michiってとこはもう消えt)
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 とにかく英語使う
自己評価1
課題2 ホストファミリーと喋る
自己評価2
課題3 英語の勉強つづける
自己評価3
今後の課題
ホームステイであるうえ、自分の家では日本語ダメであったため常に英語をつかえた。
しかし学校で日本人とも英語を使うようにするべきだった。
今後あまり英語を使う機会はないが、学校や家での英語の学習をつづけていきたい
日本で準備すべきだったと感じたこと
リスニングをかなり練習していくべきだった。
最初はホストファミリーの言ってることを聞き取るのに苦労した。クラスにもよるが、先生の喋るスピードがかなりはやかった。

直面した問題
日本人どうしでも常に英語を使うべきだった。休憩時間や調べ学習などの際も。

洗濯一週間に一回しかしないので大目に服や下着、タオルも持っていくべき。あとシャンプーなども向こうにあるが、変なやつだったりするので持っていくべき。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
この機会を最大限に生かすために常にその言語を使うべきだと感じた。
ホームステイは否応なくその機会があるのでオススメ

言語学習もできるが一か月の生活はとても楽しいので行ってみるべきだと思う
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.