基本情報

留学先国   ブルネイ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 ブルネイ・ダルサラーム大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 言語文化学部
地域 北西ヨーロッパ
地域言語・専攻語 英語
留学時の学年 2
プログラム名 global discovery programme
留学期間(開始) 2015-08-03
留学期間(終了) 2015-08-30
この留学にかかった費用の合計 30万

留学前

留学の目的 英語を学ぶコースではなく、英語で学ぶコースに参加してみたいと思ったから。
必要な語学力
英語TOEFL 60くらい?
英語その他
その他言語
  malay
情報収集方法
HP
その他
参考になるHP http://www.ubd.edu.bn/
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 5月
協定校への申込み方法 HPから
ビザ申請を始めた時期 7月
ビザ申請方法 ブルネイ大使館へ
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 ネットで
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 受けていない
語学強化を始めた時期 4月
語学強化方法 英語の勉強
海外旅行保険に加入した時期 7月
加入した海外旅行保険会社名 東京海上
その他特記事項1
その他特記事項内容1
その他特記事項2
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 ブルネイの歴史、文化、経済、産業にいたるまで、幅広いことを学んだ。また、マレー語とアラビア語の授業、さらに、伝統芸能について体験する場も設けられていた。
感想 授業で学んだことを、課外授業を通して、大学の外で実際に見たり感じたりすることができたので、ブルネイという国を概念的にだけでなく、自分の目で見ることができた。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 20万
支払い方法 現金、カード
部屋人数(人部屋) 1
家族・同居人(人) 1フラット5室
門限 なし
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント マレー料理ばかりでからいし、飽きる
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 比較的きれいだが、虫が多い
大学までの通学手段 徒歩
バス
大学までの通学時間 5分(バス、車)10分(徒歩)
宿舎手配方法 大学側
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(共有)
有線インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
冷暖房(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 全室エアコン、ファン完備
居住環境の感想 部屋によっては、温水シャワーが使えなかったという話を聞いた。また、トイレットペーパーなどは自分で買わなければならない。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 やはり、夜間の外出は控えるべき。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント エアコンが効きすぎてるくらい。
食堂についての評価
食堂についてのコメント 食堂というか、屋台。
図書館についての評価
図書館についてのコメント 借りられないが、利用はできる。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 有線LANでもつながりにくい。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント ふつう。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント student ambassodarと呼ばれるボランティアがすごく力になってくれる。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 人によってはランニング。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) ほとんどの場合、何かしらの予定が入っていて、暇な時間は少なかった。自由なときは、仲の良いブルネイ人の友だちの車で、ナイトマーケットへ行ったり、ビーチに行ったりした。
Weekend(休日の過ごし方) 休日も自由に過ごせる時間はほとんどないが、これもまた仲の良いブルネイ人の友だちの車で、国立自然公園へ行ったり、友だちの実家へお邪魔したりと、どこかへ出かけることが多かった。
おすすめスポット・旅行先など エンパイア・ホテル
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 英語力の向上
自己評価1
課題2 ブルネイにおける理解
自己評価2
課題3 コミュニケーション能力の向上
自己評価3
今後の課題
外国人が英語をどのように使っているかについて、よく聞き、実践すること。
日本で準備すべきだったと感じたこと
ブルネイと日本の関係について事前に調べること。
直面した問題
意見を言う場が多いので、自分の意見をしっかり持つことが大事。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
どちらかと言えば留学したい

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
ブルネイは小さな国であり、ショートビジットを通して、訪れその文化に触れるくらいで十分かもしれない。今回は、中国、香港、韓国、日本、イギリスからの留学生がおり、それぞれの国の立場から意見を述べたり、またお互いに交流したりと、ブルネイにとどまらず、自分の視野を養うことができると思う。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.