基本情報

留学先国   カ ナ ダ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 レジャイナ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 国際社会学部
地域 中央アジア
地域言語・専攻語 ロシア語
留学時の学年 1
プログラム名 ESL August 2015 Intensive English Language and Canadian Culture Program
留学期間(開始) 2015-08-04
留学期間(終了) 2015-08-28
この留学にかかった費用の合計 約54万円

留学前

留学の目的 リーディング、リスニング、スピーキング、ライティング力の向上
カナダの生活、文化体験
必要な語学力
英語TOEFL 特になし
英語その他 特になし
その他言語
  特になし
情報収集方法
HP
パンフレット
留学支援共同利用センター
その他
参考になるHP レジャイナ大学HP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 5月
協定校への申込み方法 大学を通して
ビザ申請を始めた時期
ビザ申請方法 必要なし
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 航空会社(JAL)のHPを通して
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 受けていない
語学強化を始めた時期
語学強化方法 していない
海外旅行保険に加入した時期 6月
加入した海外旅行保険会社名 東京海上日動(大学指定)
その他特記事項1
その他特記事項内容1
その他特記事項2
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 レジャイナ観光
用意されたテキストを読み、ペアで話し合う
テキストの付録CDや先生の音読によるリスニング
授業に出て来た単語の復習
カナダについての基本知識の学習
プレゼンテーション(プログラムの最後)
感想 比較的簡単だったがリスニングは割と難易度が高かった。意見を求められることが多かった。毎日1時間、レジャイナ大生と話す時間があり、英語で話す良い機会になったし現地の学生と親しくなれて良かった。もう少し日本人以外との関わりが多く、実践的な内容だとより良かった。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
ホームステイ
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 1日につき28カナダドル
支払い方法 レジャイナ大学への納入金に含まれる
部屋人数(人部屋) 1
家族・同居人(人) 2
門限 あり
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント 朝・昼食は自分で作る用意。野菜が少ないが美味しかった
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント ベッドの下が毛玉だらけだったがそれ以外は清潔だった
大学までの通学手段 バス
大学までの通学時間 バスで30分、車で5分
宿舎手配方法 レジャイナ大学が手配
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
病院
スーパー
薬局
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
本棚(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バスタブ(共有)
バルコニー(共有)
洗面台(共有)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
冷暖房(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 食料を保管する部屋
居住環境の感想 ほとんどの場所は美しく清潔だった。自室があった地下は地上階より涼しかった(時々寒かった)。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 日本と同様、夜遅くに1人で出歩かない
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント とても広く、建物同士が廊下で繋がっている
食堂についての評価
食堂についてのコメント ファストフードが多い
図書館についての評価
図書館についてのコメント あまり使わなかったが、PCや予約制の個室がある
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント ほとんどの場所でWi-fiに接続できる
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 高いが商品の種類が豊富。15%割引券が貰える
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 親切に対応してくれるから困ったら相談しよう
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント ジムやプールが充実しているが有料。屋外にテニスやビーチバレーのコートがある
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 友人と買い物
湖でカヌー
同じプログラム参加者の誕生会
Victoria Parkで映画鑑賞
Weekend(休日の過ごし方) Folk Festival, Royal Sask Museum, RCMPに行く(レジャイナ大学のプログラム)
Cornwall Centreで買い物
Wascana Parkで開かれたお祭りに行く
友人の家に行く
農場を見に行く
おすすめスポット・旅行先など Cornwall Centre
Victoria Park
Wascana Parkとその周辺
Milky Way(アイスクリーム屋)
Tim Horton
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 リスニング
自己評価1
課題2 スピーキング
自己評価2
課題3 カナダでの生活を満喫する
自己評価3
今後の課題
語彙の蓄積
リスニング力の向上
英語を流暢に話せるようになる
日本で準備すべきだったと感じたこと
暖かい寝間着(普通のも)
直面した問題
朝晩、日によって気温差が激しい(寒い時は約5℃、暑い時は約35℃)ため温度調節のできる服が必要
同じプログラムの人がほとんど日本人で、ずっと英語で話している人とは英語で話したが、会話の多くが日本語だった。
野菜が少ない
蚊が多い
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
1か月で語学力を伸ばすというより、カナダでの生活を体験し、自分の語学力でも英語圏で生活できるという自信がつくプログラムだと思います。防寒着やgraduation ceremonyで着る綺麗めの服、日本食が恋しくなったときのための緑茶パックなどを持参すると良いです。レジャイナ行きの便が少ないので5月位までに予約した方が良いです。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.