基本情報

留学先国   カ ナ ダ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 ブリティッシュ・コロンビア大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 国際社会学部
地域 西南ヨーロッパ第2地域
地域言語・専攻語 スペイン語
留学時の学年 1
プログラム名 English for Global Citizen
留学期間(開始) 2015-07-13
留学期間(終了) 2015-08-07
この留学にかかった費用の合計 50万円

留学前

留学の目的 英語力の向上。
海外渡航経験を積む。
必要な語学力
英語TOEFL 650
英語その他 日常会話以上
その他言語
  なし
情報収集方法
HP
パンフレット
留学支援共同利用センター
その他
参考になるHP 特になし
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 4月
協定校への申込み方法 ホームページからの申し込み
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 不要
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 インターネットより購入
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 不要
語学強化を始めた時期 4月
語学強化方法 ELCのスピーキングセッションを利用
海外旅行保険に加入した時期 6月
加入した海外旅行保険会社名 東京海上日動
その他特記事項1 6月
その他特記事項内容1 入寮申し込み
その他特記事項2 7月
その他特記事項内容2 荷造り

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 英語を話すということを目的とし、発表やグループディスカッションをした。
感想 会話を通じて英語力を向上させられたとともに、多くの友人ができたので良かった。午後にある、文法や語彙の勉強は既習の内容で易しかった。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 32カナダドル/night
支払い方法 クレジットカード
部屋人数(人部屋) 2
家族・同居人(人) 2
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント 食事は主に外のレストランでとった。
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 不定期にハウスキーピングが来た。
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 10分
宿舎手配方法 インターネットを利用
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
銀行
スーパー
その他の近隣施設 レストラン、バー
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バスタブ(共有)
洗面台(共有)
有線インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 無線wifiは、ロビーでは利用可能。
洗濯機は有料。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 大学内は広いので、夜間に外に出ると迷う危険性がある。
治安は極めて良い。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 多くの留学生がいた。
食堂についての評価
食堂についてのコメント 少し高いが味は良い。
図書館についての評価
図書館についてのコメント 綺麗で静か。あまり人がいなかった。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 学内wifiは回線が弱かった。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 朝食は売店で買っていた。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント ゆっくり丁寧に説明してくれた。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 整った人工芝グラウンドが何面もあった。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) ダウンタウンにでたり、ビーチに行ったり、ノースバンクバーの山の方へ行ったりした。
留学生用に用意されたアクティビティに参加し、スポーツをしたり夕飯を共にしたりすることもあった。
Weekend(休日の過ごし方) 少し遠出して、ショッピングモールに行ったり、ビクトリアに向かったりした。
おすすめスポット・旅行先など ダウンタウン、キツラノ、ノースバンクーバー、ビクトリア、などなど。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 英語力の向上
自己評価1
課題2 海外旅行の経験を積む
自己評価2
課題3 多くの友人をつくる。
自己評価3
今後の課題
人見知りを克服したい。
日本で準備すべきだったと感じたこと
クレジットカードをつくっておくべきだった。
直面した問題
リスニング力が足りなかった。
ジョークを真に受けてしまった。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
意外としゃべれます。しゃべる準備だけでなく、リスニングの準備もしておくべきかと思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.