基本情報

留学先国   イギリス
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 ロンドン大学東洋・アフリカ研究学院
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 言語文化学部
地域 西南ヨーロッパ第1地域
地域言語・専攻語 フランス語
留学時の学年 1
プログラム名 English Language Skills
留学期間(開始) 2015-08-03
留学期間(終了) 2015-08-21
この留学にかかった費用の合計 600,000円

留学前

留学の目的 自己の英語力、特にスピーキング力をあげるため。又、将来約1年間の留学をすることを考えているが海外経験が0であったため、1年次にも経験を積んでおきたいと考えたため。
必要な語学力
英語TOEFL 自己診断
英語その他
その他言語
  なし
情報収集方法
友人
パンフレット
留学支援共同利用センター
その他
参考になるHP 大学の
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 5月
協定校への申込み方法 大学の留学支援共同利用センター
ビザ申請を始めた時期
ビザ申請方法 なし
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 H.I.S
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 なし
語学強化を始めた時期
語学強化方法 毎日触れる
海外旅行保険に加入した時期 6月
加入した海外旅行保険会社名 大学提供のもの
その他特記事項1
その他特記事項内容1
その他特記事項2
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 8人の生徒と2人(午前・午後一人ずつ)の講師による授業。
午前中はReading,Writing の授業で、エッセイの書き方やReadingにおけるコツなどを学んだ。講師による一方的な授業ではなく、全員参加型の授業。
午後はListening,Speakingの授業で、隔日でListening,Speakingをやった。最後はまとめとしてプレゼンを行った。
感想 全員参加型で、かつ生徒の出身国が、運が良かったためか、さまざまであったため、英語をフル活用できた。少人数のため友好関係も深めやすく、スピーキング力を特に上げたかった自分にとって非常によい経験となった。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃
支払い方法 授業費とともに支払い
部屋人数(人部屋) 一人部屋、キッチンなど共有スペースあり。
家族・同居人(人)
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント 自炊メイン
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント シャワーがやや使いにくい
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 20~30分
宿舎手配方法 授業申し込み時
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
スーパー
郵便局
その他の近隣施設 駅付近
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
無線インターネット(部屋)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 ちょうど良い広さで満足。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 夜暗くなってからは一人で出歩くのは避けたほうがよい。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント よい
食堂についての評価
食堂についてのコメント 高い
図書館についての評価
図書館についてのコメント よい
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント wifiに接続することに手間取った。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント あまり十分でない
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント よい
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント なし
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) クラスメイトと学校周辺を散策。仲も深まるし、英語を話す機会も増えよかった。
Weekend(休日の過ごし方) クラスメイトやたまたま同じ期間に留学していた日本の友人と少し遠くへ出かけた。(e.g.ロンドン郊外)
おすすめスポット・旅行先など ドーバー海峡、コッツウォルツ
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 スピーキング力向上
自己評価1
課題2 プレゼンなどに関する英語力
自己評価2
課題3 自律性
自己評価3
今後の課題
比較的英語を話さざるを得ない環境にみを置くことはできたが、ヨーロッパ人などと比べると圧倒的に発言回数がすくなかった。
日本で準備すべきだったと感じたこと
インターネットに関しての調査
直面した問題
wifi環境以外でインターネットを使えず困った。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
学校以外にも、住居や生活に関して事前に入念に調べておくことをお勧めします。(得に海外初心者)
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.