基本情報

留学先国   ロ シ ア
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 モスクワ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 言語文化学部
地域 ロシア
地域言語・専攻語 ロシア語
留学時の学年 1
プログラム名 2горада-2университета
留学期間(開始) 2014-2-24
留学期間(終了) 2014-3-24
この留学にかかった費用の合計 合計約          24万円

留学前

留学の目的 ロシア文化の中でロシア語の実践の場を得る。今後の学習の方向性を定める。
必要な語学力
英語TOEFL
英語その他
その他言語
 
情報収集方法
先生
HP
その他 ホームページ、大学の先生と直接メール
参考になるHP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 12月
協定校への申込み方法 大学の留学担当の先生にメールで申し込み
ビザ申請を始めた時期 2月
ビザ申請方法 JIC旅行センターを通して
航空券を準備した時期 2月
航空券準備方法 JIC旅行センターを通して
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類
語学強化を始めた時期 1月
語学強化方法
海外旅行保険に加入した時期 1月
加入した海外旅行保険会社名
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 内容:主に語学の授業が中心となった。テキストの内容もロシアの文化・歴史に基づいているものなので興味深いものが多かった。授業以外にも市内の博物館や美術館を訪れる校外学習もたくさんあった。
感想 感想:教室の中だけではなく、実際にロシア人の先生と街へ出てみて歴史や文化の説明を聞けたのが印象的だった。少人数だったのでグル―プの雰囲気も良く、日本の他大学からの学生や、同じ寮に住む他国籍の学生たちとも仲良くなれた。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 プログラム料金に含まれている
支払い方法 現金
部屋人数(人部屋) 2人部屋
家族・同居人(人) 1人
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント
大学までの通学手段 徒歩
バス
大学までの通学時間 40分
宿舎手配方法 大学の担当者が人数分確保してくれた
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
銀行
スーパー
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バスタブ(共有)
洗面台(共有)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 慣れれば居心地の良い場所だと感じた。セントラルヒーティングのため、温度調節ができず、暑い時もあったが、二重窓を一枚あけるなど工夫するとそれなりに調節できる。各階に寮母さんが数人いて、部屋の電気が切れてしまった時などは親切に対応してくれた。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 常にスリには気を付けたほうがよい
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント
食堂についての評価
食堂についてのコメント
図書館についての評価
図書館についてのコメント
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 場合によって繋がったり繋がらなかったり
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) ・宿題
・博物館・美術館巡り
・友人と過ごす
Weekend(休日の過ごし方) ・博物館・美術館巡り
・街を散策
モスクワ郊外へ出る
おすすめスポット・旅行先など ・トレチャコフ美術館(新館も)
・バレエ
・本屋
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 ・ロシア語で話す。
自己評価1
課題2 ・現地の人と知り合う
自己評価2
課題3 授業に真剣に取り組む
自己評価3
今後の課題
・語彙力を高める。
・日本のことをロシア語で発信できるようになる
・ロシア文学への理解を深める(とても重要だと感じた。)
日本で準備すべきだったと感じたこと
・語彙力強化
・聞き取り能力の強化
直面した問題
・語彙力不足ゆえに言いたいことが言えない
・ロシア人と日本人の感覚の違い
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
ロシアを少しでも体験してみたいというのであればまずショートビジットに参加してみることをお勧めします。手続きも難しいことは特になく、現地でのサポートもしっかりしたもので、授業も校外学習もとても充実したものでした。更にモスクワとペテルブルクというロシアを代表する2大都市を訪れることができるので、両都市の全く異なる雰囲気を味わい、比較することができます。1か月という短期間ですが、自分から行動すれば得られるものもそれだけ大きくなるので、自分からどんどん外へ出ていくと良いと思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.